FC2ブログ
全国大会へ向けて覚醒した野球小僧の姿をお伝えしていきます。
覚醒しまくり!ユニオンズ!
2018年05月01日 (火) | 編集 |
世の中はゴールデンウイークに突入。
ボーイズリーガーは、ゴールデンウイークも野球の試合をして過ごすのが一番の楽しみ!

4月29日の日曜日、ゴールデンウイーク2日目も快晴の暑い日になりました。
ユニオンズは先週の春季大会1回戦を逆転勝利で突破し、この日は準決勝に臨みます。

新チームになって覚醒したユニオンズの選手諸君が今週はどんな戦いを見せてくれるか?
そして、ボーイズリーグ愛知東支部の決勝戦にコマを進めることができるか???

今日のお相手は、豊川の伝統強豪チーム「豊川北ボーイズ/フェニックス」さんです。

本日のラインナップ
1.キャッチャー”マルチサウスポー! ソウタ
2.センター”未来はわたしに” クルミ
3.ピッチャー”しなる左腕”ヒロミ
4.ショート”和製大砲”シオン
5.ファースト”ほほえみ戦車”ダイサク
6.レフト”覚醒目前”イッペイ
7.サード”ガッツマン”ユウダイ
8.ライト”スマイルサウスポー”シュンタ
9.セカンド”スーパー成長株”ヒビキ

本日、朝の集合時間は普段の学校より少し遅めの8時半。
そして、試合は11時予定の第2試合。
つまり、エンジンのかかり具合はたぶん心配ナシ。という好条件で試合を迎えました。

1回表ユニオンズの攻撃
先頭はソウタ。先週の1回戦ではホームランを打ってルンルンのソウタが、4級目をキレイにセンター前クリーンヒット
続く2番バッターくるくるクルミがファールや選球眼を発揮して粘りの打席。
この間にソウタがルンルンと3塁まで進みました。
そして迎えるは、キャプテンヒロミ。2球目をしなやかに振り抜いた当たりは、目にも止まらぬ速さでセンターへ抜けていきました!
ユニオンズ先制っっ!!!
続く4番シオンは幻惑走塁で相手のミスを誘い、5番ダイサクは丈夫な体で身を呈してデッドボールに耐え、6番イッペイのレフト方向への必殺スクリュー打球で2点を追加!

予想通り、今日のエンジンはかかりがとても良い!そしてフケーズの応援も新曲を導入して大もりあがり!
終わってみれば、初回打者一巡11人の攻撃で6点をいただくビックイニングとなりました。

1回裏フェニックスの攻撃
先発は”しなる左腕”ヒロミ。
エンジンのかかりが良すぎて、しなやかにしなりすぎたか、ストライクゾーンに若干苦しみながら、フェニックスの強力上位打線に挑みます。
さすがは強力打線、簡単にはアウトを取らせてはもらえませんで、応援に来てくれたおじいちゃん、おばあちゃんの心臓の鼓動が若干早まってきましたが、なんとか2点で抑えました。

2回表ユニオンズの攻撃
先頭はヒロミから。ホームランが出れば”春季大会サイクルヒット”となるヒロミの打席。
初回と同様に2球目を!またしても弓のようなバットが捉えたぁぁぁぁ!
右中間への大きなあたりぃぃぃぃx!


サードコーチャーの手は!?



惜しくもホームランにはあと少しの3ベースヒィィ----ット!


ま、ユニオンズにとっては、まだまだどんだけ点があっても安心はできない身分なので、サイクルヒットを気にしている余裕はありません。(気にしてたのは僕だけだったかも)

3塁にヒロミを置いて、4番のシオンが今度はセンター前にクリーンヒット!
さすが頼れる4番。

2回裏フェニックスの攻撃
この回の記憶があまりありませんが、しなる左腕が三振を3つゲットしたことはしっかり目に焼き付けました。
強豪フェニックスの不死鳥打線にいつのまにか5点を奪われ、気づいてみれば7-7の同点に。
どうやらエンジンがかかりすぎたか、覚醒しすぎたか。
2回を終わってゲーム開始から既に1時間以上が経過。
濃密な時間が過ぎていきます。


3回表ユニオンズの攻撃
同点になってもう一度リセットして、点を取りに行かなければならないユニオンズ。
この回は先頭シュンタから。うまく打った流し打ちでレフト前クリーにヒット!
続くヒビキが鋭い選球眼で四球を選び、先頭のソウタに打順が回ります。

キタキタ!ユニオンズの勝利の方程式に乗ってきた!
ルンルンソウタにまわってきた!

フケーズの応援歌に一段と熱が!

そんな期待に見事ソウタこたえて、再び1点リード!

この回のユニオンズの攻撃は、相手のミスを誘う誘惑打球や、ヒロミの敬遠打点もあり、計4点をゲット!
よっしゃー!決勝行けるぞー!!


と、フケーズをはじめ全国800人のユニオンズファンのうち、多くの方は思いました。

3回裏フェニックスの攻撃
この回もあまり記憶がないのですが、ソウタをピッチャーにつぎ込み、なんとか失点は3点で抑えました。


3回を終わって、11-10とユニオンズ1点のリード。
虎の子1点を守れるか。
試合時間はすでに1時間半を超え、ボーイズリーグの規定により、4回の攻防が最終回となる見込みです。

4回表ユニオンズの攻撃
ユニオンズの良いところ・・・人間としてはとても優しい思いやりのある正直で明るい選手ばかりです。
ユニオンズの直したいところ・・・人が良すぎるところ。自分に厳しすぎるところ(?)。

11点取って点を取ることに満足したのか、虎の子1点を守り切る試練をあえて選んだのか。。


決してそんなことはないのですが、追加点がなんとしても欲しいこの最後の攻撃はあっさりの三者凡退で終わってしまいます。
さぁ!守りきれるか!!!



4回裏フェニックスの攻撃
今日のユニオンズナイン、エンジンのかかりよく、スタートダッシュで6点を奪うビックイニングを作り、スコアは常にリードしてきましたが、途中からは勝ってるのか負けてるのかわからないような不思議な気分でしたが、最後に。。。。。

強力フェニックス打線に左中間に大飛球を持って行かれ。。。



残念ながら11-12でサヨナラ負けとなってしまいました。。


あといっぽで決勝進出を逃してしまいました。。。。


ざ、ん、、ね、ん。。。





でも、今回の春季大会は新チームとして初めての大会。
ちょっと覚醒しすぎましたかね?
でもね。ユニオンズとして単独で出場できた喜び。
まだまだ伸びていかなくてはいけませんが、ユニオンズとしての団結力が着実に上昇していることも実感。
野球の技術面もメンタル面もそれぞれ今回の試合経験は、とても良い経験になったものと思います。


次回は中日本大会。


こんな感じでどんどん大会が襲ってきます。


あっという間に時が流れていきます。


この速さに負けないよう、しっかり平日の個人練習、体力作りをして、
週末はユニオンズで思いっきり体を動かし、平日の練習の成果を確認し、



来年2月までのどこかで必ず全国へ!



今回の春季大会の様子から、それが決して夢ではないように感じましたよ。









スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック