全国大会へ向けて覚醒した野球小僧の姿をお伝えしていきます。
ライオンズ大会激勝!
2017年11月05日 (日) | 編集 |
謎の梅雨の期間が明けた豊橋市民球場で今年40回目となるライオンズ大会が始まりました。

豊橋市民球場といえば、毎年中日ドラゴンズの公式戦が一回だけ行われ、伝説のピッチャーと言われた沢村投手や、世界の巨人ジャイアント馬場(当時は馬場正平選手)がマウンドで躍動し、王貞治がホームランを打ち、長島茂雄が華麗なグラブさばきを見せたかもしれない歴史あるグランド。記憶に新しいところでは、ドラゴンズ浅尾投手の快速球や、豊橋出身藤井選手のホームランにスタンドが沸き、青嶋製作所の剛腕ピッチャー工藤阿須加が名勝負を繰り広げたあのマウンドに、あのグランドに、ユニオンズナインが立ちました!

ユニオンズマスコットボーイズ&ガールズの、そーすけ、はな、ゆうしょう、たかとら、の4人が全16チームの入場行進を先導して開会式がスタート。第40代ユニオンズキャプテンヒロミの選手宣誓でライオンズ大会が始まりました。


ユニオンズは愛知幸田ボーイズさんとの合同チーム、ユニコー隊(略称チームスズキ)を結成してこの大会に臨みます。

11/3大会初日のユニコー隊の相手は三重県からはるばる遠征してこられた強豪、三重伊勢ボーイズさん。遷宮を終えてパワーアップした伊勢神宮ナインに、梅雨入りで思うように練習できなかったユニコー隊はどう立ち向かうか?

□1回表ユニコー隊の攻撃
キャプテンヒロミの振り逃げ出塁を足がかりに、スズキしょうせいの四球や盗塁で1アウト2.3塁の先制チャンス!
でしたが、後続続かず、無得点。

□1回裏お伊勢さんの攻撃
先発はチームスズキよりひろや。コースをつくピッチングでアウトを重ねますが、不運な当たりや少々いただけない守りのミスもあり、2失点。

□2回表ユニコー隊の攻撃
先頭のこうきがクリーンヒット!続くチームスズキのそうたがツーベース!ノーアウト2.3塁の大チャンス!でしたが、後続三振たくさんのため、またしても無得点。フケーズのため息が豊橋市民球場を包みます。

□2回裏お伊勢さんの攻撃
スリーベースを阻止したり、クリーンナップを三振に仕留めたり、と、奮闘し、何とか2失点で抑えます。二回を終わって0-4と劣勢のユニコー隊。

□3回表ユニコーの攻撃
チームスズキのしょうせい執念の内野安打から盗塁を絡めて一点ゲット!さらにチームスズキのそうたが二打席連続のヒットで続き、この回2点を返した!フケーズの声も音量が上がってきた!音程もあってきた!いけるかも?と、みんな思ってきた!

□3回裏お伊勢さんの攻撃
チームスズキひろや、熱投!無失点に抑えた!乗ってきた!

□4回表ユニコー隊の攻撃
思わせぶりなユニコー隊。乗ってきたように見せかけて、三者凡退。
でも、4回裏のお伊勢さんの攻撃も無失点に抑えた!チームスズキが快投!
しかしのんびりしてはいられません。
4回を終わって2ー4と、二点のビハインド。ボーイズリーグの規定の試合時間制限がそろそろ迫ってきている!急がねば!

□5回表ユニコー隊の攻撃
ようやく梅雨明けしてエンジンがかかったユニコー隊。まずはチームスズキからしょうせいツーベース!4番のシオンがタイムリー!四球をたくさん挟んでゆきひとの二点タイムリー!などなどにより、なんと大量8得点!
もはやフケーズの中には気を失っている方、昇天してしまった方、鼻血ブーの方、などなど、尋常ではない盛り上がり!あとは抑えるのみ!

□5回裏お伊勢さんが目を覚まします。
チームスズキから3人の鈴木投手を代わる代わるつぎ込んで抑えにかかりましたが、なんと4点を奪われ、、、あわや?
今度は冷や汗の洪水がフケーズを襲う!
ま、まじかぁぁぁぁ!!!
と思いましたが、なんとかアウトまでこぎつけ、、打球はライトへーーーーーー!



と、とったあああ!シオンがウイニングボールをしっかりきゃああああっち!



というわけで、ユニコー隊はめでたくライオンズ大会2日目も試合をすることができました。
2日目の試合は???

んんんん?


記憶がありません。。。




この3日間、フケーズはいろいろ仕事に忙しい3日間でしたが、天気にも恵まれ、2日間は子供たちの試合を楽しむことができ、野球一色に包まれた濃密な3連休となりました。

ユニコー隊のみんなへ
応援に来てくれた方、差し入れを頂いた方、ご家族の方、おじいちゃんおばあちゃん、お父さんお母さん、
皆さんに感謝を。

おつかれさまでした!






スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック