全国大会へ向けて覚醒した野球小僧の姿をお伝えしていきます。
ルーズベルトゲーム!
2017年05月03日 (水) | 編集 |
1947年の日本国憲法施行から70年が経過した憲法記念日。
日本のプロ野球では、地元中日ドラゴンズが独走態勢に入りそうな勢いを見せているゴールデンウイーク。

いよいよ40年目の節目となる年の新生ユニオンズがスタートしました。
ネオユニブラ隊として合同チームを組み、ジュニア大会でお披露目となりました。

ユニブラ隊の先発オーダー
1.”スマートサラブレッド”「センター」ヒロミ
2.”ルンルンガッツ!”「ライト」ユーダイ
3.”ブラタイスピリット”「ショート」ダイチ
4.”4番でエース”「キャッチャー」シオン
5.”変幻自在モビルスーツ”「ファースト」ダイサク
6.”ナチュラルボーイ”「サード」ヒビキ
7.”スーパーボーイ”「ピッチャー」ヒナタ
8.”スーパーベースボール”「セカンド」ルク
9.”スカイハイ!”「レフト」カイト

先発は、全国の空手家から「猪木譲りの延髄切りの名手」として」恐れられているスーパーボーイヒナタ。
ユニブラ隊は先行です。

1回の表ユニブラ隊の攻撃
1番のキャプテンヒロミが振り逃げ出塁。その後、忍者のようにスルスルと3塁まで盗塁!
そして出ました!4番シオンのいぶし銀タイムリー!幸先良く1点先制!!

1回の裏
スーパーボーイヒナタ、内野ゴロ、外野フライ、内野フライ。三者凡退に抑えます!行けるぞ!

2回表ユニブラ隊の攻撃
スーパーボーイヒナタの四球を足がかりにノーヒットながら1点追加。
ユニブラ隊省エネ攻撃。

2回裏
ユニブラ隊の鉄壁の守備が披露されました!
ライトを守る”ルンルンガッツ”ユーダイがライトゴロを立て続けに完璧処理して2アウトゲット!
練習の成果が随所に見られ、フケーズの応援の熱も順調に湯気が立ってきました!!
2回を終わって2-1とユニブラ隊リード!

3回表
ユニブラ隊の攻撃。この回先頭はスマートサラブレッドのヒロミ。
でたあああ!火を吹く右中間ツーベースゥゥゥ!
そして頼れる4番、シオンのタイムリーーーーぃぃぃ!!
そしてそして足指の骨折を官治したと思ったらヒザ骨を痛めた満身創痍のなか強行出場を続けるデーサクのクリーンヒーーーーっと!!
この回3点を追加!フケーズ昇天!!!

3回裏
ヒナタ快投!が続きます。3回を終わって5-2。ユニブラ隊3点のリード!
グランド整備をするトーチャンズの動きもルンルンしてきました。

4回表
ユニブラ隊の秘密兵器、シュンタ&ライトも出場!
そして、ヒロミの2打席連続ヒットを足がかりに、再び忍者盗塁で1点追加!
勝利が見えてきたフケーズには余裕の笑みがこぼれています!

4回裏
新城ベアーズの攻撃。新城ベアーズは新城の歴史ある名門チーム。簡単には勝たせてくれません。
これまで鉄壁の守備をユニブラ隊の動きにも若干の疲れか??緊張か??
気づいたら、いつのまにかたちまち4点を失っていました。
ぴぴぴぴぴぴぴーーーんち!
応援団の顔色がさーーっと血の気がなくなっていきます。や、やべー。
油断は禁物という言葉を思い出しました。
4回を終わって同点。最終回の5回の攻防に突入!

5回表ユニブラ隊の攻撃
先頭は4番シオン。この日予想していなかった(?)キャッチャーとしての出場に加え朝の練習中にボールを当てて辛い思いをしたものの、2打席連続ヒット!盗塁阻止!キャッチャーフライも取った!というわけで上機嫌の4番が四球を選んで出塁。
続く5番のダイサクも負けず劣らず絶好調の2打席連続ヒット!でタイムリー!
さらにヒビキ&ヒナタも四球を選んで、この回2点をゲット!
さあ!あとは最終回を抑えるのみ!

5回裏
抑えに登場したのはユニオンズ第40代キャプテンのヒロミ!
流石は古豪強豪のベアーズ。1点差に詰め寄られます。
が、そこはサラブレッドの本領!最後のバッターを三振に仕留めゲームセット!!
か、かったあああ!!!
しかも、野球のスコアの中で一番面白いと言われるルーズベルトゲームの8-7!



と、いうわけで、めでたしめでたし。



ユニブラ隊メンバーの諸君、おめでとう!
君たちの日頃の練習の成果が、こんな楽しい試合結果になりましたね。
試合が出来ること、野球ができることに感謝を忘れず、明日も全力で戦いましょう!



合同チームを組んでいただいたブラタイボーイズのみなさん、対戦相手の新城ベアーズのみなさん、
どうもありがとうございました。

ユニオンズフケーズのみなさん、朝早くからグランドや本部の準備、アナウンスなどなどお疲れ様でした。
明日もよろしくお願いします!


スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック